ポルトガル物語5!(最終章)

今回ポルトガルに行って思ったことを

少々書かせていただ来たいと思います。

まず、一番の目的は当店一押しの靴  

ストレッチウォーカーが作られているところを見たかった!でした。

それは、どういう思いで作ってるのかなってことを知りたかったからです。

今の日本の靴製造メーカーは大量生産大量販売ばかりに目を向けて

履く人にとって良い靴ではなく、売りやすい靴ばかりを作っています。

大手のスポーツメーカーやゴムメーカーなどはその象徴です。

作った人のぬくもりや、優しさや、愛情は一切感じません。

当店では絶対に扱いたくありません。

当店で扱いたい靴は、例えれば、東大阪や大田区の町工場で作られるような物!

頑固な職人気質の社長さんがいて、規模は小さくても、こだわりのあるものを作る!

それにはピカ一の技術がいる!

そんな靴を扱いたいです。

今回訪問したエジェクト社のカルヴァーリィオ社長は職人上がりの

まさに、そんな社長さんでした。

規模はさほど大きくなくても、こだわりのある、ぬくもりのある会社でした。

本来なら、ものつくり日本!を象徴するように技術と心のこもった物作りが

お家芸であるはずの日本の靴作りが違う方向に行っているような気がして、残念です。

最後に

IMG_0094

約8日間のポルトガル出張でしたが、全員急坂の石畳を毎日のように歩きまわりましたが

足のトラブルは皆無でした。

そこには作る人、販売する人の思い入れが詰まった靴だからだと思いました。

次回からはたくさん入荷している新製品のご紹介を!

お楽しみに!

PSポルトガルで買ってきたかわいい陶器の郷土品を店頭で販売しています。

  少量ですので、お早めに!

IMG_0244

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ポルトガル物語5!(最終章) への1件のフィードバック

  1. naoki のコメント:

    拘りは大事ですね。三代目カツラヤ、信念もって未来永劫へ。

コメントは停止中です。